私自身、数年前までは明るい方だったのですが

転職してから変わっていたと思います。

朝の朝礼の時も、皆、死んだような表情をしていて

全体的に、ピリピリしている人が多いです。

 

環境に影響されたのだと思いますが

自分も怒りっぽくなり、表情も疲れ果てた

ような表情になってしましましたね。

 

それから、あまり人との交流をとらなくなり

休日の日も家にこもるような日が続きました。

そしたら思考がネガティブになっていきました(^_^;)

 

私以外にも引きこもりの人は結構いるかと思いますが

引きこもになるとネガティブになる理由について

徹底解説していこうと思います!

 

引きこもりになるとネガティブになる理由は!?

引きこもり生活が続くと思考もネガティブに

なっていく可能性が非常に高いです!

それではネガティブになってしまう理由を

解説していきましょう~!

 

ネガティブになる2つの理由です。

 

1、周りの人との交友を絶っている

人間、孤独の期間が長く続くほど精神的に

病んでいってしまいます。

 

知人や友人との交友を絶ってしまったら

話し相手が恐らくいなくなりますので

ネガティブになりやすくなります。

 

2、1人になると悪いことを考えてしまう

一人の時間が長くなればなるほどいろいろと

頭の中で考えてしまうものです。

 

何か熱中できるような趣味などを持っている人は別ですが、

ほとんどの人は何もせず一人でぼーっとしていたら悪いこと、

マイナスなことを考えてしまう可能性が高いです。

 

 

ネガティブになる理由について説明しましたが

それではネガティブにならないような対策や

改善方法はないのでしょうか?

 

 

ネガティブ思考にならない対策です!

探せばいろいろ改善方はあるかと思いますが

私が実際に実践して効果あると思ったものだけに

厳選してみました!

 

ネガティブ思考脱却する3つの方法

 

1、ウォーキング

ウォーキングは健康だけでなく脳にも良い影響を

与えると実証されています。

 

あまりやりすぎる必要はありません。

1日、朝と夕方の2回くらいで効果はあります。

 

朝 20~30分

夕 20~30分

 

ウォーキングを続けることで体も頭もスッキリ

しますし、歩いていればマイナスなことをあまり

考えないようになります。

 

良い事ばかりですので初めて見ることを

オススメします(^O^)

 

 

2、日光浴

日光浴をすると脳内でセロトニンが生成され

マイナスに考えるようなうつっぽい症状が

自然と改善されていきます。

 

あまり外でやるのは恥ずかしいかもしれないので

自宅のベランダなどでやられるといいかと思います。

 

 

3、オーディーブックを聞く

ぼーっとしたような状態が続くと

マイナスなことを考え初めてしまうと思います。

そこでオーディオブックを活用されてみてください!

 

オーディオブックって何!?

って思われたかもしれません。

 

オーディオブックとは

その名のとおり、音声で聴く本です。

 

オススメなのは自己啓発系でやる気やモチベーションが

上がるようなものを試されてみてください!

 

また継続して聞いていけば

悪いことを考えなくてすむだけでなく

プラス思考に変わっていきますので是非

習慣化してみてください。

 

引きこもりになるとネガティブになる理由について

解説してきましたが、ネガティブな状態が続くと

精神病になり最悪、自殺してしまう人だっています。

 

それくらい思考一つで健康状態が変わりますので

今回話した3つの対策を是非取り入れてみてくださいヽ(´▽`)/